閉じる

仕事の紹介(交通警察)

安全で快適な交通環境を実現し、交通死亡事故ゼロを目指す

MISSION

県民が安心して生活できる交通社会を実現し、悲惨な交通事故の根絶を目指す「交通のプロ集団」が交通警察。パトカーや白バイによる交通指導取締りは一般にも知られた活動だが、このほかにも暴走族対策や交通事故捜査、ひき逃げ事件の捜査、交通安全教育、運転免許に関する事務、信号機や交通標識の整備、道路使用や自動車保管場所証明等の許認可業務等、交通に関するすべての領域をカバーする。

白バイの運転訓練を行う警察官の写真
  • 児童の登校を見守る警察官の写真

    交通安全教育

    関係機関・団体と協力し、交通事故発生状況の分析結果に基づき、交通社会の一員として責任を自覚してもらえるような交通安全教育を推進します。

  • 交通指導取締りの写真

    交通指導取締り

    機動的な交通取締り等の街頭活動により、違法行為の未然防止に努めるとともに、著しい速度超過、飲酒運転をはじめとした交通事故に直結する悪質・重大な違反を重点とした交通指導取締活動を行い、事故の未然防止を図ります。

  • 事故捜査の写真

    事故捜査

    ひき逃げ事件等、悪質・危険な交通事故・事件に対し、ち密かつ適正な捜査を徹底するとともに、被害者・遺族の心情に配意した適切な被害者支援を推進します。

  • 信号機の保守点検の写真

    交通規制(管制センター)

    信号機の設置や交通規制を実施するとともに管制システムの整備を図り、交通情報の提供や渋滞対策を推進して、安全・安心な道路交通環境の整備を図ります。

  • 白バイの運転訓練を行う警察官の写真

    交通機動隊

    長野県内を7つの地域に分け、白バイ、パトカーによる交通指導取締り、安全指導を行っています。危険な運転をするドライバーの取締り等に機動力を発揮し、警察署と連携して県内の交通の安全を支えます。

  • 高速道路で誘導を行う警察官の写真

    高速道路交通警察隊

    県内高速道路を5つの地域に分け、高速道路を安全にそして快適に利用できるよう、悪質な交通違反の取締りや、交通事故の捜査等を行っています。

VOICE OF FRONTLINE

PRIDE

不安な気持ちを理解する

交通事故に遭ったショックは言葉では表せないほど、複雑で大きなものです。
捜査においては、交通事故の当事者やその家族、目撃者に辛い記憶を思い起こさせる場面もあります。
犯人に毅然として立ち向かう姿勢も大切ですが、被害者に寄り添う姿勢と気持ちも大切にしています。

警察署 交通第一課 巡査長の写真 警察署 交通第一課 巡査長の写真

悪質交通違反者を見逃さない女性警察官の毅然とした姿に目を奪われ、警察官を志望しました。
出身は岐阜県ですが、新しいことにチャレンジしたいという思いから隣の長野県で警察官になろうと決意しました。
今はかつて憧れた警察官と同じように交通違反取締りや、交通事故事件捜査に従事しています。
交通事故によって悲しむ人がいなくなるよう仕事に取り組んでいます。

警察署 交通第一課 巡査長の写真

警察署 交通第一課 巡査長
(平成29年4月1日採用 岐阜県出身)

交通警察のある1日のスケジュール

8:00
出勤
8:30
引継ぎ
9:00
交通事故捜査
10:30
書類作成
11:00
交通指導取締り
12:00
昼食
13:00
交通事故捜査
14:30
書類作成
15:00
交通事故捜査
16:00
書類作成
17:15
掃除
17:30
終業
ページの先頭へ