閉じる

仕事の紹介(生活安全警察)

犯罪から人々を守り、安全・安心な社会を目指す

MISSION

「ゴミから原子力まで」といわれるほど幅広い活動範囲をもつのが生活安全警察。少年犯罪、悪質商法、サイバー犯罪、環境犯罪等の事件捜査、少年の非行防止やストーカー、DV(ドメスティック・バイオレンス)等の警察安全相談。風俗営業・銃砲刀剣類等の許認可業務等その業務は多岐にわたる。また、犯罪発生を未然に防止するべく、地域住民と一体の防犯活動や、パトロール活動を行うことも重要な任務のひとつ。

サイバー犯罪に取り組む警察官の写真
  • 防犯ボランティア団体の活動支援イメージ

    安全・安心なまちづくり

    犯罪情報や防犯対策情報をメールにより発信し、防犯ボランティア団体の活動を支援するほか、違法風俗店、客引きに対する取締りの強化や関係機関と連携した立入調査、取締りにより、安全・安心なまちづくりを推奨しています。

  • 小学生に向けて防犯教室を行う警察官の写真

    子どもの安全対策

    子どもが被害者となる事件を未然に防止するため、学校周辺、通学路の安全対策、被害防止、防犯指導、情報発信活動の推進等をします。

  • 銃砲等許認可事務のイメージ

    銃砲等許認可事務

    猟銃の所持、質屋・古物営業、風俗営業、警備業、探偵業等に関わる許認可業務等を行います。

  • 生活安全相談を行う警察官の写真

    生活安全相談
    (ストーカー・DV対策)

    悪質商法、契約・取引に係わるトラブル、ストーカー、配偶者暴力等の様々な相談に対応します。刑罰法令に抵触する事案を検挙することはもとより、抵触しない事案であっても必要に応じて指導・警告を行い、被害の未然防止を図ります。

  • 若者に声をかける警察官の写真

    少年非行防止対策と
    少年事件の捜査

    少年や保護者からの相談に応じる少年相談活動や少年の街頭補導活動のほか、学校や児童相談所等と緊密に連携して、総合的な少年非行防止対策を行っています。
    また、少年による事件については、少年の特性や少年審判の特質を踏まえた捜査を行っています。

  • サイバー犯罪に取り組む警察官の写真

    サイバー犯罪、環境事犯、ヤミ金融事犯、
    知的財産権侵害事犯等

    情報通信ネットワークを利用して敢行されるサイバー犯罪、廃棄物の不法投棄による環境を破壊する事犯、出資法違反(高金利)事件や貸金業法違反事件等のヤミ金事犯、偽ブランド品の販売等に係わる知的財産権侵害事犯等の捜査をします。

VOICE OF FRONTLINE

PRIDE

強い心を持つ

被害者の無念を晴らせるのは警察官しかいません。困難な捜査に従事することもありますが、強い気持ちを持って臨んでいます。
やみくもに頑張るだけでなく、被疑者や被害者の供述、目撃者の情報等を精査し、収集した証拠から真実を見極める冷静さも大切にしています。

生活安全部人身安全・少年課 刑事の写真 生活安全部人身安全・少年課 刑事の写真

小さい頃から警察官の姿に憧れていました。
現在は、少年事件やサイバー犯罪、DVやストーカーなどの捜査や犯罪を未然に防ぐ活動など幅広い業務に従事しています。 やりがいは、地域住民に悲しい思いをさせないように、事件やトラブルを未然に防止することです。以前「連絡が取れない家族がいる」と相談があった住宅に向かうと、中でその方が倒れていて応急処置を施したことがあります。
後日「命が救われた」と感謝の手紙を頂いた時は嬉しく、これからも住民から頼られる存在でありたいと感じました。

生活安全部人身安全・少年課 刑事の写真

生活安全部人身安全・少年課 刑事
(平成24年4月1日採用 長野市出身)

生活安全警察のある1日のスケジュール

8:00
出勤
8:30
朝礼
9:00
車両点検・整備
10:00
相談受理
11:00
地域住民への防犯講話
12:00
昼食
13:00
認知症老人の保護
15:00
事件取調べ
17:30
終業
ページの先頭へ