閉じる

仕事の紹介(刑事警察)

被害者の思いを胸に、確実な捜査で事件を解決へ導く

MISSION

近年増加の一途をたどる、強盗・殺人等の凶悪犯罪、より巧妙に、ハイテク化する暴力団や組織犯罪等、人々の安全な暮らしに忍び寄る様々な脅威に、最前線で、全力で立ち向かう。張り込みや聞き込み等の地道な捜査活動のほか、証拠資料の収集・分析に当たる現場鑑識活動、最新の鑑定技術を活用した科学捜査も刑事部門の仕事。映画やドラマで目にする派手なアクションではなく、豊富な知識・技能と経験、最新の科学技術と熱い気持ちで犯人を検挙し、悪に立ち向かう。

事件現場に到着した警察官の写真
  • 強行犯捜査のイメージ写真

    強行犯捜査

    殺人、強盗、放火等の凶悪事件の捜査をします。

  • 知能犯捜査で押収した証拠物の写真

    知能犯捜査

    「振り込め詐欺」をはじめとする詐欺事件や政治、行政、経済をめぐる不正を追及する贈収賄事件、各種選挙違反取締まり等の捜査をします。

  • 盗犯捜査中の警察官の写真

    盗犯捜査

    ひったくり、自動車盗、空き巣等、県民に一番身近な犯罪である窃盗事件の捜査をします。

  • 押収した銃器の写真

    組織犯罪対策

    暴力団による犯罪、覚せい剤、大麻等の薬物事犯や拳銃等の銃器事犯の取締り、来日外国人による犯罪の捜査をします。

  • 機動捜査隊の写真

    機動捜査隊

    殺人、強盗等の事件現場にいち早く急行して、犯人の検挙、追跡、事件の手配等の初動捜査を行うほか、広域にわたる重要事件の捜査や連続発生している犯罪の捜査等を行っています。

  • 鑑識の写真

    鑑識・科学捜査

    様々な事件現場において、犯人に結びつく指紋や足跡、あるいはDNA型鑑定の資料となる血液や毛髪等を採取。鑑定して、犯人を特定するとともに犯行を立証する活動をします。

VOICE OF FRONTLINE

PRIDE

被害者のために

犯人を検挙するために、大きな困難に直面することもあります。
しかし、一番辛い思いをしているのは被害者であることを忘れずに仕事をしています。被害者の安心した表情を見て、一生懸命やってよかったなと思います。

警察署刑事課 巡査部長 警察署刑事課 巡査部長

テレビ番組で見た、犯人逮捕に奮闘する刑事さんの格好良い姿に憧れました。実際に交番のお巡りさんからもやりがいのある仕事だと力強いアドバイスをもらい、将来の仕事として真剣に警察官を志しました。
犯人を検挙するには、証拠がとても重要です。
犯人につながる証拠の収集が刑事の大事な仕事です。

警察署刑事課 巡査部長の写真

警察署刑事課 巡査部長
(平成26年4月1日採用 松本市出身)

刑事警察のある1日のスケジュール

8:00
出勤
8:30
事件引継ぎ、事件発生状況の確認
9:30
事件現場捜査
13:00
昼食
14:00
事件現場捜査、書類作成
17:15
終業
ページの先頭へ