ホーム > 仕事の紹介(地域警察)

仕事の紹介(地域警察)

MISSION

地域に根ざした、最も身近で頼りになる存在が地域部門の警察官。「交番のお巡りさん」として親しまれている一方、その職務内容は道案内から凶悪犯罪の捜査まで幅広く、オールマイティな知識が要求される。警察学校を卒業した、全ての警察官が必ず配置される部門でもある。

交番・駐在所

交番・駐在所

警察活動の拠点ともいえる交番・駐在所で、地理案内、落し物・拾い物の処理、巡回連絡・パトロール等を通じて事件・事故の予防と検挙、発生した事件・事故に対する初動措置等を行い、住民の要望に応えた安全で住みよい地域社会の実現に努めています。
鉄道警察隊

鉄道警察隊

列車内や鉄道施設をパトロールして痴漢・スリ・置引き等の犯罪を防止するとともに、犯人の検挙に努めています。また、踏切事故等の鉄道事故の防止や事故調査、救出活動も行っています。
通信指令

通信指令

通信指令課では、長野県内からのすべての110番通報を受理し、管轄警察署や出動中のパトカー等に指令します。高度な通信指令システムを駆使し、迅速な指令で、早期に犯人検挙を目指します。

航空隊

航空隊

ヘリコプターの機動性とスピードを生かし、山岳遭難等の救助活動を行うとともに、空からのパトロールや犯人追跡、災害や事故現場の情報収集等を行っています。
平成27年8月には、航空隊発足からの救助者数が2,000人に達しましたが、発足以来無事故で救助活動を展開しています。
山岳救助隊

山岳救助

長野県は日本の屋根と呼ばれ、北アルプス等3,000m級の山々が連なり、年間、多くの登山者が訪れます。その登山者の安全を守るため、山岳安全対策課が日本で唯一設置されています。遭難事故発生の際には航空隊と連携し、遭難者の救助活動を行うとともに事故防止のための指導活動も行っています。
自動車警ら隊

自動車警ら隊

パトカーの機動力を生かして管轄区域のパトロールを行い、犯罪の予防と検挙、交通指導取締等を行っています。また、事件・事故等の発生時には、その機動力を生かし現場に急行して対応に当たります。

VOICE OF FRONTLINE

交番は「小型版警察署」。私たちはある意味「なんでも屋さん」なのです。

交番は「小型版警察署」。私たちはある意味「なんでも屋さん」なんです。
プロフィール

竹前翔太

SHOTA TAKEMAE

長野中央警察署
権堂町交番勤務

2014年採用

プロフィール


現在の仕事の内容を教えてください。

私の現在の仕事はいわゆる交番のお巡りさんです。長野駅の北方に位置する権堂町交番で勤務しています。主な業務は地理案内、問題解決活動、遺失拾得業務、事件事故対応等で、幅広い取扱いがあります。交番はそれぞれの地域を受け持っているため事件現場に一番に到着し対応します。現場では目撃者の確保、現場保存、被疑者の検挙等初動捜査を迅速的確に行わなければなりません。
権堂町交番は繁華街を受け持っているため、泥酔者の取扱いや、喧嘩口論等の取扱いがありますが、受傷事故防止や相手の動静監視に注意をし対応するよう心掛けています。私達は、法律に基づいて仕事をしているので、平素から関係法令の研鑽を怠らずにすることによって適正な職務執行ができるのだと思います。事案が立て続けになると大変な部分はありますが、交番内の雰囲気は明るく、優しい先輩と頼もしい後輩に囲まれており、困難があっても乗り越えることができています。

現在の仕事を目指したきっかけ、動機等を教えてください。

私が大学3年生の時に東日本大震災が発生しました。私は、当時大学生で下宿先の愛知県からテレビを通して東北が被災した状況を見ていました。また、その後長野県内でも地震による被害が出たことを知りました。もし今後も大地震が発生し、同じような甚大な被害が出てしまったら、そして、震災に伴う犯罪が増加したとしたら、自分の目の前にいる大切な人が不幸な目にあったらと考えたときに、震災の第一線で身を削って働いている警察官しか被害者を救えないと思いました。
また、警察官は犯人を検挙し被害者の為に尽力しています。そんな崇高な使命を持つ職業に身を置くことで、自分自身も成長することが出来ると思い長野県警を志望しました。

「やりがい」「喜び」を感じるのはどんな時でしょうか?

仕事の紹介(地域部門) 犯人を検挙することはもちろんですが、地域警察官は地域に密着しながら勤務しており、毎日交番には様々な方が来所されます。年齢も仕事も違う様々な方と接するので、自分も色々な知識を持たなければ適切な対応をすることもできないため、日々勉強しなければなりませんが、警察官は県民の方から様々なことを吸収し、自分の成長に繋げていくことができるという部分でやりがいを感じています。
地域警察官の基本勤務の中に立番と呼ばれる活動があります。立番とは交番周囲の警戒や交通監視等を行うことですが、立番をしている警察官の姿を見て、住民の方から、「最近事件や交通事故減りましたね。毎日警戒してくれているお巡りさんのおかげですね。」などと声を掛けられたときは、住民の方の気持ちが嬉しく、警察官として治安の維持に貢献していると感じました。

逆に辛い時もあるかと思いますが…。

私が事件対応した際、目撃者から事情聴取を行いました。その際に、相手からなるべく早く事案の詳細を聞き出そうと焦ってしまい、少し相手を急かしてしまいました。結果、目撃者からの協力が得られなくなってしまい、結局上司に対応してもらいました。
私はこの経験からいかに目撃者、被害者の立場に立てるかが大切であると感じました。その件で貴重な時間を割いて協力してもらっているので、相手の立場に立って誠意を持って対応するように上司から指導され、今もそのことを教訓にして対応するようにしています。

今後の課題、目標、展望を教えてください。

仕事の紹介(地域警察)地域警察官として私は、事件として捜査するしないに関わらず、地域住民が抱える問題や不安を解決していければと思っています。
また将来の展望として、盗犯係の刑事を目指しています。窃盗は、私達にとって一番身近に起こっている犯罪です。つまり被害者が多くの割合で存在するということになります。自分の大切な財産を犯人に奪われてしまうということが無いように、私は盗犯係の刑事になって犯人を検挙し、犯罪を抑止していくことが目標です。また、同僚等からも常に警察官として目標とされ、頼られる存在になっていきたいと思います。

警察官を志望する学生に一言お願いします。

警察官は派手な仕事ばかりではありません。しかし、愚直に職務を全うしていれば必ず評価され感謝されます。自分の目に映る大切な人を自らの手で守ることができるのは警察官しかありません。そんな志を持った仲間と同じ職場で働けて幸せです。共に長野県の治安を守りましょう。

PROFILE

竹前 翔太 SHOTA TAKEMAE

2015年/3月 長野中央警察署 権堂町交番
 

自分の長所
自分を客観的に見れるところ
自分の短所
時々早口になってしまうこと。
座右の銘
「継続は力なり」
仕事のポリシー
先を考えながら行動し、常に自分の最善を尽くすこと
趣味・特技
食べ歩き・剣道
休日の過ごし方
子供と遊ぶ・旅行

竹前の「ある」1日(24時間勤務の場合)

6:30
起床、その日のために朝食は必ず食べます
7:30
運動も兼ねて職員宿舎から徒歩で通勤
8:00
出勤
10:00
巡回連絡、地域住民に対し、特殊詐欺防止を呼びかける
11:30
地理案内、遺失拾得業務
12:00
昼食、愛妻弁当を食べて、午後の業務に向けて力を蓄える
15:00
警ら、交通指導取締り
17:00
立番、交通監視
20:00
夕食、しばし休憩
22:00
警ら中に無灯火自転車を発見し職務質問したところ、盗犯自転車であることが判明、検挙
24:00
交番において自転車盗の書類作成
1:00
休憩、仮眠
9:30
勤務終了、当直明けは体を休めたいので自宅で過ごす

ページトップへ